礒一明氏によるボーナスzoomセッションに参加しました!

ビジネスマインドがテーマのzoomセッションに参加しました。

丁度仕事がお休みで、わざわざ休みを取ることなく、朝からお家のお掃除をしながら、11時からのセッションを楽しみにしていました。

先日、長女に付きあって、ちょっとしたイベントに参加してきたのですが、その時、着物のバザーなんかもやっていて、何と1着300円で正絹の着物を手に入れてしまった。遊び着(公式な場所へは着ていけないそうな)だとお店の人は言っていたけれど、思い付きで2着購入。そのうち一つを今日は着てみました。

仕事の時、着物いいかも、、、と思いつつ、着物姿のまま、いざセッションへ。

幾つかの話題の中で、響いたことも多くあったのですが、先ずは交通事故に合う意味についてのお話の中で、自分の体験ともフィードバックすることがあり、紹介します。

「現実世界の行動が、天の意志と合っていないとき、

         天のはたらきで、事故を持ってくることがある。」

これ、私かつて体験しました。

20代の頃、とあるダンス集団で舞台活動をしていたのですが、どうにもこうにも上手くいかなくなってきて、苦しくて、自分のやりたいと思う踊りも出来なくなって、でも、辞めることができなくて、ズルズルそこに居続けていたことがありました。

悶々としていたとき、バイクで事故にあってしまったのです。当時400㏄のバイクを乗り回していました。走行中に左折する車に巻き込まれたのです。渋滞の間をすり抜けていた私も悪いのですが、幸いスピードも出ておらず、ハンドルが曲がったことと、タンクがへこんだこと、そして軽い擦り傷程度で済みました。ですが、事故のショックのせいか、原因不明の微熱が続き、踊りを踊れるような状況ではなくなってしまったのです。

日常生活は特に問題なく仕事をすることができたのですが、兎に角だるくてだるくて、週に何回かあるレッスンに参加できなくなり、ダンス集団との関係もぷつりと切れざるおえなくなってしまいました。

でも今思うと、それが天の計らいだったと感じます。あの頃の私は、自己判断では離れることができなかった。離れる時が来ていたのに、それができなかったので、事故を通して強制的に離されたのだと思います。

勿論すべての交通事故が当てはまるわけではないので、絶対とは言いませんが、今日出た話題の中で、自分にも当てはまると感じたので、ご紹介しました。